はじめてFX取引をする人へのアドバイス

なぜFXトレードで勝ち組と負け組がいるのか

FXとは群集心理

FXトレードを行う上で、まず一番初めに学ぶべき基礎中の基礎がチャートの読み方なのです。
そして、FX取引をこのチャートの読み方で躓く方が一番多いのです。

チャートとは、前述した通り、過去の値動きを表に表したものです。
私は過去には興味がない、なんて言わないでくださいね。
そういう方は、まず為替とはそもそも群集心理だ、ということを理解しておいてください。
つまりどういうことかというと、このチャートとはあなただけが見ているものではなく、多くのFXトレーダーが見ているものなのです。
例えば、過去の流れから、今のチャートの値動きだとそろそろ下がりそうだ、と読み取れると、今のうちに売っておこうというトレーダーが多く現れ、そうなると売りに出されることで、実際に値が下がることがあるのです。
要は、FXの値とは人によって値が動くのです。

ローソク足について

チャートを読み解くうえで、ローソク足のことを知らなければなりません。
ローソク足とはどのようなものなのか。

ローソク足とは、その形が蝋燭に似ていることからこのように呼ばれています。
これだけで始値、終値、高値、安値を表すことができます。
また、期間によっていくつか種類があります。
一日の値動きを表したローソク足を日足。
一週間の値動きを表したローソク足を週足。
同じように一か月は月足で、一年は年足と呼びます。
短期間のトレードを行う場合は日足や分足のチャートを用い取引を行い、長期間のトレードは月足や年足を用いる、などそれぞれのトレード手法によって様々な使い方がされるのがローソク足なのです。
FXトレードを行う上で確実に勉強をしなくてはならない項目の一つだと覚えておいてください。


この記事をシェアする