はじめてFX取引をする人へのアドバイス

トレード戦略を持つ者と持たない者の差

買うタイミングと売るタイミング

チャートが読めても、FXトレードで儲けることができないのであれば、意味がありません。
FXトレードで負け続けている人たちに足りないものは何なんでしょうか。

FXトレードのチャートとは、過去の為替値動きを教えてくれる表だということは前述しました。
FXトレーダーは基本的に皆、このチャートを見ながら取引をしています。
そして、トレーダーの中で勝ち組と負け組の差がでるのが、このチャートを見ながら、どのタイミングで買い、どのタイミングで売るかを見極めることができるか、ということなのです。
そんなの当たり前、と思われたかもしれません。
ただ、この見極めが一番難しいのです。
FXトレードの初心者が一番犯す過ちもここなのです。
では、なぜ初心者が過ちを犯すのでしょうか。

トレード戦略をもって取引に臨む大切さ

FXトレードの初心者や負け続けている人たちが犯している最大に過ちは、トレード戦略を持たずに取引をしている、ということです。

トレード戦略とは、どのようになったら買いに出て、どういう状況になったら売りに出るかを決める、基本路線をしっかりともってトレードに臨むことです。
つまり、行き当たりばったりではなく、ルールに乗っ取って取引をすることです。
この戦略をしっかりと持つことで、大損をすることなく、コンスタントに儲けることができるようになります。
そんなの簡単でしょ、と思ったあなた。
実際にやってみればわかると思いますが、これが意外と難しいのです。
偶発的な単発の儲けを得ようと、実際その時だけ勝つことはあるかもしれませんが、トータルの結果として損をしてしまう、なんてことは良くあることなのです。


この記事をシェアする